未分類

ブロンシュ ド ブリュッセル Blanche de Bruxelles

  • アルコール度数:4.2%
  • 醸造所:ルフェーブル醸造所
  • ビアスタイル:ホワイトビール
  • グラススタイル:タンブラー型

このビールの背景って…?

ラベルには小便小僧のイラストが描かれているので、一見すると醸造所がブリュッセルにあるのかな?と思ってしまいますが、違います。
醸造所は、ワロン・ブラバント州というところにあり、ブリュッセルから南西に行ったところです。
ワロン・ブラバント州は昔、炭鉱が多くベルギーの町並みを象徴する石畳を作るのに多くの労働者が働いていました。
ブロンシュドブリュッセルは、そんな労働者の喉の渇きを癒やすために作られたのです。
そのため、アルコール度数が4.2%とそれほど高くないのです。
かつての労働者と同じ目線に立ち、仕事終わりの1杯としておすすめのビールです。
ちなみに、醸造所の名前の「ルフェーブル」というのは、この醸造所を作った人の名前で、ジュール・ルフェーブルという方がこの醸造所を作りました。
しかし、彼が作った醸造所は、第一次世界大戦の影響で、ドイツに占領され閉鎖を余儀なくされてしまうのです。
その後、彼の子孫によって今は5代目のルフェーブルさんが彼の父親と共にこの醸造所を守っています。
商品名になっている「ブロンシュドブリュッセル」とは、フランス語で「白色のブリュッセル」という意味です。
ここでもまたでました、ブリュッセルトラップ。笑
もう一度言いますが、醸造所はワロン・ブラバント州です。笑
「白色の」というのは、ホワイトビールなので納得ですが、ブリュッセルについては、なんともベルギーらしい名前の付け方です。

このビールってどんな味なの…?

こんなことを頭に思い浮かべながら、ようやく味や香りの話です。
このビールを一言で表すなら、「ビールが苦くて嫌い! そんな人に飲んで欲しいビール」です。
逆に、苦いビールが好きな人には不向きなビールです。
ブロンシュドブリュッセルは、びっくりするくらい苦味がありません。
飲んだ後も非常にスッキリしています。
そのため、食事中に飲んでも、料理の味を全く邪魔しません。

どんなグラスで飲んだらいい?

このビールはホワイトビールのため、タンブラー型のグラスを使って飲みます。
なぜなら、タンブラー型のグラスをは飲み口が広いため、ビールを飲む度に小麦の香りを感じることができます。
鼻まですっぽり隠れながら飲むと、ホワイトビールを存分に楽しめるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください